Windows10で初めてのアプリケーションのパッケージマネージャーをインストールしました。他にもChocolateyといったWindows用のパッケージマネージャーはあるようですが今回は2021年5月にリリースされたWindows純正の”winget”のインストールを行います。

wingetをインストールした後は、wingetの使い方の理解するためにパッケージのインストールを行います。本ブログでは開発を行っている人が主な読者の方だと思いますのでNode.jsをインストールした後にReact、Vite+Vueのプロジェクトを作成してみます。

Node.jsはwingetを使わなくてもインストールすることができるためReactやViteがwingetがないとインストールできないというわけではありません。wingetを使ったNode.jsでも問題なく環境構築できるか確認しています。

パッケージマネージャーとは

Windowsを普通に利用している場合だとパッケージという言葉を聞いてもパッケージとは何?というのが正直なところではないでしょうか。パッケージはアプリケーションのことを表しており、ブラウザのChrome、Firefoxもアプリケーションなのでパッケージマネージャーによって管理を行うことができます。何か新しいアプリケーションをインストールする場合はそのアプリケーションが公開されているサイトに移動してアプリケーションをダウンロード、インストールを行わなければなりません。パッケージマネジャーを利用するとそれぞれのアプリケーションのサイトに行く必要がなくコマンドラインを利用してアプリケーションのインストールを行うことができます。またアプリケーションが必要でなくなった場合はコマンドラインを通してアンインストールを行うことができます。

wingetとは

マイクロソフトが開発したパッケージマネージャーで英語名はWindows Package Manager Clientです。2021年5月にリリースされたばかりの新しいアプリケーションです。マイクロソフトが開発し安心感があるので今後利用する機会も増えてくるかもしれません。今回手元のWindowsにwingetをインストールしたので今後のアプリケーションの管理は可能な限りwingetを利用しようと思います。

wingetのインストール

wingetのインストール方法には2つあり、Microsoft Storeを利用するかGithubからインストールすることができます。GithubのサイトにはMicrosoft Storeのサイトへのリンクも表示されているのでGithubのサイトhttps://github.com/microsoft/winget-cliにアクセスします。

wingetのGithubサイト
wingetのGithubサイト

Microsoft Store経由のインストール

スクロールするとInstalling the clientの下にMicrosoft Store [Recommended](推奨)と表示されている通りこの方法がwingetを入手するための推奨方法です。赤丸で囲んだApp Installerがリンクなっているのでクリックしてください。

インストールサイトへのリンク
インストールサイトへのリンク

名前のwingetという名前はどこにもなくアプリ インストーラーとなっていますが、そのまま”入手”ボタンをクリックしてください。

アプリインストーラー
アプリインストーラー

入手ボタン押すとここからダウンロードが始まるわけではなくMicrosoft Storeからダウンロードを行うため確認画面が表示されます。”Microsoft Storeを開く”をクリックします。

Microsoft Storeの確認
Microsoft Storeの確認

動作確認を行っているPCではwingetのインストールが完了しているため”この製品はインストール済みです。”が表示されていますがインストールが完了していない場合は無料の文字の下に”入手”が表示されているのでボタンをクリックしてインストールを進めてください。

Storeからインストール
Storeからインストール

Githubからのインストール

Githubのサイトからインストールを行うために右側のReleaseにあるWindows Package Manager v..をクリックしてください。

Releaseのリンクをクリック
Releaseのリンクをクリック

リリース情報の一覧(更新情報)が表示されるので少しスクロールを行ってください。

リリース一覧
リリース一覧

Assetsにいくつかリンクがありますが上から3番目のMicrosoft DesktopAppInstaller…をクリックしてください。

ダウンロードリンク
ダウンロードリンク

ファイルのダウンロードが開始され、ダウンロードが終了すると下記のアイコンが表示されます。ダウンロードをデスクトップにダウンロードした場合で各自ダウンロードする場所は異なると思うので任意の場所にファイルを保存してください。

アイコンをクリックしてください。

デスクトップにファイルを保存
デスクトップにファイルを保存

アプリ インストーラーを更新しますか?と確認されるので”更新”ボタンをクリックしてください。インストールが始まります。

アプリの更新の確認
アプリの更新の確認

アプリの更新中の画面です。

インストール中の画面
インストール中の画面

完了したかどうが分かりにくいですが以下の画面が表示されたらインストールは完了しています。右上のXをクリックすると画面はきえます。

完了画面
完了画面

wingetコマンドの実行

PowerShellまたはコマンドプロンプトの起動を行ってください。

どちらもスタートメニューから起動することができます。コマンドプロンプトはwindosシステムツールの中に入っています。

PowerShellまたはコマンドプロンプトを起動したらwingetを実行してください。下記のように使用できるコマンドが表示されます。


> winget
Windows Package Manager v1.0.11692
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

WinGet コマンド ライン ユーティリティを使用すると、コマンド ラインからアプリケーションやその他のパッケージをインストールできます。

使用状況: winget [<コマンド>] [<オプション>]

使用できるコマンドは次のとおりです:
  install    指定されたパッケージをインストール
  show       パッケージに関する情報を表示します
  source     パッケージのソースの管理
  search     アプリの基本情報を見つけて表示
  list       インストール済みパッケージを表示する
  upgrade    指定されたパッケージをアップグレードします
  uninstall  指定されたパッケージをアンインストール
  hash       インストーラー ファイルをハッシュするヘルパー
  validate   マニフェスト ファイルを検証
  settings   設定を開く
  features   試験的な機能の状態を表示
  export     インストールされているパッケージのリストをエクスポート
  import     ファイル中のすべてのパッケージをインストール

特定のコマンドの詳細については、そのコマンドにヘルプ引数を渡します。 [-?]

次のオプションを使用できます。
  -v,--version  ツールのバージョンを表示
  --info        ツールの一般情報を表示

詳細については、次を参照してください。 https://aka.ms/winget-command-help

wingetのインストールが確認できたので実際にパッケージのインストールを行っていきます。

アプリのインストール

JavaScriptのアプリケーションの開発するためにはNode.jsが必要となります。Node.jsのインストールを通してwingetの使い方を確認します。wingetではインストール可能なパッケージを検索することができます。今回はnode.jsをインストールしたいので下記のようにsearchオプションの後にインストールしたいパッケージの名前を入力します。node.jsで検索を行うと複数のパッケージが検索にひっかかります。ID列がOpenJS.NodeJSが最新版のNode.jsでバージョンは16.8.0になっていることが確認です。OpenJS.NodeJSLTSはLong Term Support(推奨版)で14.17.5, OpenJS.NodeJSNightlyは開発中の最新版です。


> winget search node.js
名前            ID                   バージョン      一致
-----------------------------------------------------------------
Node.js         OpenJS.NodeJS        16.8.0
Nodist          Nodist.Nodist        0.9.1.0         Tag: node.js
Node.js Nightly OpenJS.NodeJSNightly 17.0.0-20210816
Node.js LTS     OpenJS.NodeJSLTS     14.17.5

実際にNode.jsのサイトを見ると表示されている内容とサイト内のバージョンが一致します。

Nodeのページ
Nodeのページ

インストールする際はIDを利用することができ下記のように–idにID名をつけてインストールを行うことができます。最新版のNode.jsをインストールしています。node -vでバージョンを確認するとv16.8.0になっていることがわかります。


> winget install --id OpenJS.NodeJS
見つかりました Node.js [OpenJS.NodeJS]
このアプリケーションは所有者からライセンス供与されます。
Microsoft はサードパーティのパッケージに対して責任を負わず、ライセンスも付与しません。
Downloading https://nodejs.org/dist/v16.8.0/node-v16.8.0-x64.msi
  ██████████████████████████████  27.4 MB / 27.4 MB
インストーラーハッシュが正常に検証されました
パッケージのインストールを開始しています...
インストールが完了しました
> npm -v
7.21.0
> node -v
v16.8.0

winget install node.jsを実行するとインストールができないわけではなくNode.js[OpenJS.NodeJS]がインストールされました。

インストールするパッケージの名前を完全一致で指定する場合は-eオプションを付けます。-eをつけた場合はnode.jsではインストールすることができません。


> winget install -e node.js
入力条件に一致するパッケージが見つかりませんでした。

node.jsからNode.jsに変更すると名前が完全一致するのでインストールを行うことができます。名前はserchオプションで検索した際の名前列の名前を使っています。


> winget install -e Node.js
見つかりました Node.js [OpenJS.NodeJS]

Node.jsのnightlyのように名前に空白がある場合は””をつけるとインストールすることが可能です。””がないとインストールはできません。


> winget install -e "Node.js Nightly"
見つかりました Node.js Nightly [OpenJS.NodeJSNightly]
このアプリケーションは所有者からライセンス供与されます。
Microsoft はサードパーティのパッケージに対して責任を負わず、ライセンスも付与しません。
Downloading https://nodejs.org/download/nightly/v17.0.0-nightly20210816fdce138e1d/node-v17.0.0-nightly20210816fdce138e1d-x64.msi
  ██████████████████████████████  27.4 MB / 27.4 MB
インストーラーハッシュが正常に検証されました
パッケージのインストールを開始しています...
インストールが完了しました

インストールもオプションによって方法がいくつかあるので自分にあった方法を見つけてください。

アプリのアンインストール

uninstallオプションを使ってアンインストールを行うことができます。ここではidを使ってアンインストールを行っています。


> winget uninstall --id OpenJS.NodeJS
見つかりました Node.js [OpenJS.NodeJS]
パッケージのアンインストールを開始しています...
正常にアンインストールされました

インストール済みの一覧

winget listコマンドを実行するとインストール済みのパッケージが表示されます。表示されるパッケージはwingetを利用してインストールしたものだけではなくWindowsの中にインストールされているすべてのパッケージが表示されます。


> winget list
名前                                    ID                                       バージョン          利用可能    ソース
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
//略
  Node.js Nightly                         OpenJS.NodeJSNightly                     17.0.0              17.0.0-202… wingetMicrosoft Visual C++ 2013 R
//略

アプリのアップデート

アプリケーションのアップデートを行いたい場合はwinget upgradeを実行するとアップデート可能なアプリケーションの一覧が表示されます。実行すると利用可能列にアップデート可能なバージョンとソースにwingetを確認することができます。Firefoxはwingetを利用してインストールしたわけではありませんがwingetを使ってアップデートすることができます。


> winget upgrade
名前                              ID                                   バージョン  利用可能     ソース
------------------------------------------------------------------------------------------------------
//略
Mozilla Firefox                   Mozilla.Firefox                      91.0.1      91.0.2       winget
//略
PS C:\Users\Kazu> winget upgrade BraveSoftware.BraveBrowser

アップデートにidを使う場合は下記のように行うことができます。


> winget upgrade Mozilla.Firefox
見つかりました Mozilla Firefox [Mozilla.Firefox]
このアプリケーションは所有者からライセンス供与されます。
Microsoft はサードパーティのパッケージに対して責任を負わず、ライセンスも付与しません。
Downloading https://download-installer.cdn.mozilla.net/pub/firefox/releases/91.0.2/win64/en-US/Firefox%20Setup%2091.0.2.exe
  ██████████████████████████████  53.5 MB / 53.5 MB
インストーラーハッシュが正常に検証されました
パッケージのインストールを開始しています...
インストールが完了しました

起動してバージョンを確認するとアップデートが行われていることが確認できました。

コマンドラインでインストール/アップデートを行うとコンソール画面を見ていても進捗が進まない場合があります。その場合は管理者画面のポップ画面が裏側で表示されている場合があるので注意してください。

Reactプロジェクトの作成

Node.jsのインストールを行うことができたのでnpxコマンドを利用してReactのプロジェクトが作成できることを確認します。


>npx create-react-app react-first-app
Need to install the following packages:
  create-react-app
Ok to proceed? (y) y

インストールが完了したらnpm startコマンドでReactの起動を行います。


> npm start

> react-first-app@0.1.0 start
> react-scripts start

i 「wds」: Project is running at http://192.168.1.139/
i 「wds」: webpack output is served from
i 「wds」: Content not from webpack is served from C:\Users\Kazu\Desktop\react-first-app\public
i 「wds」: 404s will fallback to /
Starting the development server...
Compiled successfully!

You can now view react-first-app in the browser.

  Local:            http://localhost:3000
  On Your Network:  http://192.168.1.139:3000

Note that the development build is not optimized.
To create a production build, use npm run build.

開発サーバが起動してReactの初期ページを確認することができました。

Reactの起動
Reactの起動

Viteを使ってVueのインストール

npm init vite@latestでviteのインストールを行います。フレームワークの選択ではvueを選択します。


>npm init vite@latest
Need to install the following packages:
  create-vite@latest
Ok to proceed? (y) y
√ Project name: ... vite-project
√ Select a framework: » vue
√ Select a variant: » vue

Scaffolding project in C:\Users\Kazu\Desktop\vite-project...

Done. Now run:

  cd vite-project
  npm install
  npm run dev

>cd vite-project
>:npm install
>npm run dev
> vite-project@0.0.0 dev
> vite

Pre-bundling dependencies:
  vue
(this will be run only when your dependencies or config have changed)

  vite v2.5.1 dev server running at:

  > Local: http://localhost:3000/
  > Network: use `--host` to expose

開発サーバの起動が完了したらhttp://localhost:3000にアクセスします。Vue 3 + Viteの初期画面が表示されました。

Vue + Viteの初期画面
Vue + Viteの初期画面

ReactもViteを使ったVueもwingetでインストールしたNode.js環境でプロジェクトの作成を行うことができました。

パッケージマネージャーを利用したほうがアプリケーションのインストール、アンインストールも簡単に行うことができるため今後は基本はパッケージマネージャーでの管理を行っていこうと思います。